葉酸サプリの重要性とは?【エストロゲンの働きを活性化】

性別を狙った子作り

妊婦

赤ちゃんの性別の確率

赤ちゃんの性別は受精した瞬間に決まります。精子によって性別はすでに決まっています。女の子はX精子なのですが、アルカリ性に弱くて寿命が長いという特徴があります。自宅で産み分けを試みる場合は排卵日の2〜3日前を狙ってタイミングを取ると確率がアップするとされています。また、膣内を酸性に保つゼリーなども販売されていますのでそれも合わせて利用してみると良いでしょう。男の子はY精子で酸性に弱く寿命が短いというX精子とは逆の特徴を持っています。ですので産み分けを行う時には排卵日直前を狙ったり膣内をアルカリ性にするゼリーを使用すれば確率があがります。成功率は大体70%程度だとされていますので、確実に産み分けすることは難しいということを頭に入れておきましょう。タイミングを狙って産み分けしたとしても最終的な確率は半々です。不妊治療を行っているクリニックでは産み分けを行うこともできます。クリニックでの産み分けの場合は自宅での方法よりも確率をアップさせることができるので、どうしても産み分けしたい場合は病院に相談してみるのも良いかもしれません。着床の可能性は約20%だとされています。ですので、うまくタイミングが合ったとしても妊娠すること自体簡単ではないのです。神経質になりすぎるとストレスが溜まってしまって身体にも負担をかけてしまい、妊娠率を下げてしまうことになり兼ねませんので、心にゆとりを持って取り組みましょう。